July 28, 29, 2016 Tokyoメニュー

SAP Forum

SAP Forum Tokyo

アジェンダ/参加登録

ご希望のプログラムを選択し、「参加登録」ボタンをクリックしてください。
《すべてのセッション概要を開く》
左側のキーワードにチェックを入れるとそのキーワードに沿ったセッションのみ絞り込んで表示します。チェックを外すと全てのプログラムを表示します。


たくさんのお申込みありがとうございました。
定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。
検索フィルターを表示する
SAP Forum Tokyo
トラックから選択する


《各トラックの概要についてはこちら》
ビジネス課題から選択する






トピックから選択する




ソリューションから選択する







SAP Tech JAM
ソリューションから選択する











セッション形式から選択する

SAP HR Connect
SAP Ariba
Commerce Innovation Forum

SAP Forum Tokyo  7月29日(金)

10:00 -
10:50
FKN-01

デジタル変革 is LIVE
-2020年に向け、今描くべき日本企業の成長戦略とは-

株式会社ガリバーインターナショナル 執行役員 新規事業開発室 室長 北島 昇氏

株式会社ローソン 執行役員 兼  株式会社ローソンデジタルイノベーション 代表取締役社長 白石 卓也氏

白山工業株式会社 代表取締役社長 吉田 稔氏

SAPジャパン株式会社
代表取締役社長
福田 譲

テクノロジーの進化を受け、デジタルによる企業変革の可能性はかつてないほど大きく、そして圧倒的なスピードで広がっています。
世界で、そして日本でもデジタル変革を現実のものとし、競争のあり方を根本から変えて躍進している企業が増えています。
本セッションでは、変革リーダーの皆様をお招きして、デジタル変革の実践例をご紹介するとともに、日本企業の描くべき成長戦略を再考してまいります。

10:50 -
11:30
FKN-02
同時通訳

デジタルエコノミーにおけるビジネスの再創造

SAP
データベース&データマネージメントグローバル統括責任者
イルファン・カーン

デジタルの活用は世界をどう変えようとしているのか。近い将来に向けて取り組むべきチャレンジとは何か。
本セッションでは、デジタル化の背景にあるテクノロジーのトレンドと、先進的な顧客事例を通して世界の変化をお伝えします。
そして、デジタルエコノミーといわれる時代で勝者となるために、今、何がビジネスの変革を阻害しているのか、その原因に迫るとともに、ソフトウェアによって実現されるビジネスの再創造についてご紹介します。

12:00 -
12:40
NNT-01
ランチ セッション

デジタル革新が描くビジネスの未来を具体化する

SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 シニアディレクター大我 猛

IoTに代表される技術トレンドを、ビジネスモデル転換の好機ととらえて戦略的に取り入れている企業が生まれています。そのような先進事例の紹介を交えながら、従来の基幹システムのあり方を根本から見直し、デジタル経営革新を起こすためのプラットフォームとしてどうあるべきかを紐解きます。

NNT-02満席
ランチ セッション

デジタル時代の情報基盤 - クラウドとインメモリーは当たり前

SAPジャパン株式会社  ソリューション統括本部デジタルプラットフォーム・アーキテクト部 部長森川 衡

SAP HANAの登場から早6年、いまやビッグデータやIoT、クラウドの話題は全国紙でも取り上げられ、多くの企業がインメモリ・カラム型データベースを採用しています。ますます利活用の広がるSAP HANAの最新機能と活用事例をご紹介しながら、これからの企業に不可欠な「デジタルトランスフォーメーション」のあり方をお伝えいたします。

NNT-03
ランチ セッション

なぜ成長企業はSAPのクラウドを選ぶのか?

SAPジャパン株式会社 パートナー統括本部 パートナー開発斎藤 広一

市場変化への対応や成長戦略実現のために、様々な業種、あらゆる規模の組織においてクラウドは現実的かつ有用な選択肢となっています。このセッションでは、お客様視点でのSAPのクラウドの価値をご紹介しながら、失敗しないクラウド選びとは何か、成長企業がSAPのクラウドを選ぶ理由について、具体的にご説明します。

SPN-14
ランチ セッション
スポンサー セッション

SAP S/4HANA と SAP HANA Cloud Platform によるサービスを組合せた ERP の新たな形

SCSK株式会社 ソリューション事業部門 AMO第二事業本部 ソリューション第一部 第一課北村 崇氏

「SAP S/4HANA」ベースでのERP導入においては、標準で不足する機能を従来通りアドオン開発するだけではなく、HCP(SAP HANA Cloud Platform)等によるクラウドサービス型での追加アプリケーションとの組合わせを検討し、ビジネス環境の変化に迅速に対応可能なシステム構築が求められます。どのような機能がサービス型の対象になるのか?SCSKのこれまでの多種多様な開発実績を元にサービス化とアドオンとの棲み分けを整理し、SCSKのクラウドサービスの取り組み状況と併せてご紹介します。

SPN-15
ランチ セッション
スポンサー セッション

SAP S/4HANAを新規採用した中堅企業によるクラウド基盤比較

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 執行役員 クラウド・セキュリティ事業推進本部 本部長藤岡 良樹氏

日本では、「クラウド化して楽になりたい」と期待しつつも、判断を先延ばしにするCIOは多い。先行する欧米では、「開発/テスト機ならクラウド」の時代は過ぎ去り、「全部クラウド」が主流の時代に。本講演では、いち早くこの潮流に取り組む安川情報システム様によるSAP S/4HANA用インフラ基盤の採用事例を紹介しつつ、「性能保証」と「高セキュリティ」に加えて「低コスト」が特徴である、SAP社認定の基幹系特化型クラウド基盤について解説する。

SPN-16
ランチ セッション
スポンサー セッション

SAP HANAに最適なAWSの最新プラットフォーム

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 エコシステム ソリューション部 パートナー ソリューション アーキテクト河原 哲也氏

アマゾン ウェブ サービス(AWS)上のSAP導入ユーザーが国内で100社を超えてから1年が経過し、既にSAP on AWSは特別ではなくなっています。
SAP on AWSの次のステップにむけて、インメモリプラットフォームSAP HANAに最適化したAmazon EC2の最新タイプX1インスタンスをリリースしました。
本セッションでは、SAP S/4HANAをはじめ、SAP HANA Platformに最適な基盤である、AWSの最新技術ステータスと強力なパートナーエコシステムをご紹介します。

SPN-17満席
ランチ セッション
スポンサー セッション

Journey to SAP S/4HANA ~ グローバル企業の挑戦

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 エンタープライズソリューションズユニット、SAP ソリューションズ ヘッド  海田 真一氏

グローバル企業は何を求めてSAP HANA Worldへと旅立ったのか。  
基幹システムのSAP HANAへの変革に悩まれている多くの日本企業に向けて、数多くのグローバル企業がSAP HANAへ変革する際に抱えていた課題や導入後の効果などを、プロジェクト事例を交えてご説明します。
SAP HANAプロジェクト事例ではTCSのSAP HANA CoE(Center of Excellence)が持つ深いナレッジや、独自のSAP認定ツールによる事前アセスメント手法、TCSのInnovation Labで実施したPoC(概念実証)等、プロジェクト成功の秘訣やLessons Learnedをご紹介します。また、グローバル事例のみならず、SAP Innovation Lab Tokyoで行っているSAP S/4HANAでの最新PoC事例もご紹介します。

13:00 -
13:30
DTT-01

消費者が求めている顧客体験はこうだった!
デジタル体験調査から見える企業の現状とエンゲージメント改善策

日経BPイノベーションICT研究所所長桔梗原 富夫氏
SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 インダストリープリンシパル カスタマーエンゲージメント熊谷 安希子

SAPが日経BP イノベーションICT研究所と実施した調査によると、日本の消費者は企業が提供するデジタル体験に満足していないという結果が。また、日本のデジタル体験は他の先進国と比べて遅れているという実態も明らかに。
本調査から見える日本の企業が危惧すべき状況や今後マーケットの中心となるデジタルネイティブの本音について考察するとともに、変革事例からどのような体験が求められているのか、顧客視点のエンゲージメントを実現するにはどうしていくべきか、解決策を考えます。

SPN-04
スポンサー セッション

Technology Vision 2016 『People First: 主役は”ひと”』

アクセンチュア株式会社 テクノロジーコンサルティング本部 テクノロジーアーキテクチャグループ統括 マネジング・ディレクター田畑 紀和氏

アクセンチュアが毎年発表しているTechnology Vision。3から5年先のテクノロジーのトレンドと、それがビジネスに及ぼす影響を、グローバルのエグゼクティブの意見も踏まえながら見通します。2016年のテーマは『People First: 主役は”ひと”』。デジタル化の大きな潮流の中で、得てしてテクノロジー万能へと流れる時代、真のリーダーはあえて”ひと”に回帰する重要性に気付き始めています。また、デジタル時代を支えるNew ITとSAP Solutionとのコンビネーションについても洞察します。

SPN-05満席
スポンサー セッション

SAP S/4HANA へ ~検討すべき論点と実施までのアプローチ

三井情報株式会社 システム技術グループ エンタープライズ技術部 第一技術室/室長府中 渉氏
三井情報株式会社 システム技術グループ / グループ長補佐神戸 信光氏

多くのお客様が現在ご利用のSAP ECC 6.0は、サポート終了までの期限が既に発表されております。
そろそろ、最新版であるSAP S/4HANAへの移行の検討を始めなければ、と思うお客様が増えていらっしゃいます。
この講演では、SAP S/4 HANAへの移行にあたり「どのようにSAP S/4HANAの優位性を活用すべきか判らない」また「具体的なアプローチの手順が見えない」などの課題を整理しながら、ビジネス変革のためにSAP S/4HANAの導入効果を最大限に引き出す現実的な目標設定を考え、そのために何をどの様なステップで検討すればよいか、様々な検証からの事例を含め、お話いたします。

SPN-06
スポンサー セッション

ものづくりの進化を支えるITとIoTのコンセプトと事例紹介
~設計・製造現場や市場の情報と基幹業務をつなぐ~

コベルコシステム株式会社 産業ソリューション事業部 SOL統括 ERPソリューション本部 東日本開発部 部長桝田 純司氏

神戸製鋼所や製造業の現場で培った経験やノウハウをもとに、コベルコシステムが考える “ものづくりの垂直連携” のコンセプトを他社事例も交えてご紹介いたします。

DBT-01

需要起点サプライチェーン高度化に向けた2大戦略とは

SAPジャパン株式会社 拡張サプライチェーン・ソリューション 事業開発(日本担当) 原 尚嗣

需要起点のサプライチェーン戦略再策定の柱は2つあります。中期からの計画主導型チェーン内に、短期実需を如何に織り込んでアダプティブな補充調整力を高めるか。パーソナライズ化を目指し、如何にコンフィギュレーションをサプライチェーンに連携するか。最新のSAP顧客活用例とソリューションをご紹介します。

DBT-02

データドリブン経営を支えるグローバルファイナンスプラットフォーム~取り組み事例からの示唆~

SAPジャパン株式会社 CFOソリューション推進部 シニアソリューションプリンシパル中野 浩志

激化するグローバル競争を勝ち抜くためには、ルール・組織・プロセス・ITを四位一体とした基盤整備が必要であり、最新のテクノロジー活用が鍵となる。本セッションではSAPグループ自身のファイナンストランスフォーメーションを始めとして、国内外先進企業の取組事例をご紹介しながら日本企業に適したSAP S/4HANA活用アプローチについて解説します。

DBT-03

ITを活用したマスカスタマイゼーションの実現に貢献するSAPソリューション

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 S/4HANAソリューション部 シニアソリューションスペシャリスト赤川 有美

ものづくり現場の高度化は、ビジネスモデル変革のゴールではありません。サプライチェーンとエンジニアリングチェーンの連携と相まって大きな革新効果を発揮します。着実な変革ロードマップを支えるSAPソリューションを、先進事例を踏まえて共有します。

DBT-04

SAPが狙う次世代の企業間ネットワークにおける複雑性の解消と実践例

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 シニアソリューションアーキテクト服部 雅介

企業の競争力強化の為には、内部の全体最適化だけではなく、対サプライヤーを初めとした企業を跨った能力の最大化が重要とSAPは考えています。この為の企業間ネットワークの複雑性を解消する次世代の企業間情報連携、商取引決裁、サプライチェーン連携の姿がSAP Aribaでどのように実現できるかご紹介します。

13:50 -
14:20
SPN-01
スポンサー セッション

SAP S/4HANA初のビッグバン導入事例とデジタルエンタープライズの実現に向けて

株式会社野村総合研究所
ERPシステム部 グループマネージャー システムアナリスト海老原 太郎氏

野村総合研究所はこの度、日本で初となる「SAP S/4HANA Enterprise Management」のフルモジュール導入プロジェクトを完了し、この4月から本番稼動に成功しました。本事例をふまえたSAP S/4 HANAの特性および導入プロジェクト成功のポイントを解説致します。
SAP S/4HAHAによって可能になる「デジタルエンタープライズ」は、お客様の経営・ビジネススタイルを大きく変革する可能性があります。この概念を紹介した上で、ユーザー企業様が今後何を取り組むべきかについて考察致します。

SPN-07
スポンサー セッション

Accelerate Enterprise Digital Transformation
~ 加速する企業活動のデジタル化と次世代エンタープライズ・アプリケーションのあり方 ~

日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業エンタープライズ・アプリケーションズ センター・オブ・コンピテンシー アソシエート・パートナー刀根 猛氏

人・モノ・金に加え、データ・コグニティブ・ロボティクスが新たな経営資源として、事業の競争優位性を強化し、スピード感とスケーラビリティ向上に大きく寄与することは疑いの余地がありません。一方、足元に目を向けると、必ずしもデジタル化を加速する素地が整っている訳ではないことは自明です。本講演では、企業が持つべき次世代のインフラ/データ/アプリケーション/ビジネス・プロセスに焦点をあて、如何にして企業活動のデジタル化を一層加速し、いち早く自社の強みとして行くのかに触れ、SAP + IBM両社が見据える『Digital Transformation』の世界観を紐解きます。

SPN-08
スポンサー セッション

経営計数指針の可視化がもたらす海外事業の有益と無駄

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ (NTT DATA Group) ストラテジー&ソリューション統括本部・マネージャー森島 カレブ氏

各海外拠点の情報とプロセスを可視化したい、そして統制したい日系本社が改めてグローバルベースでERPを検討するケースが増えています。成功要因と最適ソリューションを知ることで、グローバルERP導入プロジェクトを短期間かつ低リスクで遂行することは可能です。
日系本社、現地拠点、そしてITベンダー、これら登場人物の関係をもとに、代表的なグローバルプロジェクトの進め方のケース(成功談、失敗談)を通して、「SAPベストプラクティス」がもたらすメリットをご紹介します。

NNT-04

クラウドでシンプル化と成長を実現しませんか?- SAPの中堅・中小向けクラウドERPで成功するために

SAPジャパン株式会社 SAP Business ByDesign シニアプリセールスソリューションコンサルタント加藤 慶一

クラウドERPの導入を検討しているが、複雑なERPを自社で使いこなせるのか、本当にクラウドで大丈夫なのか、といった疑問をお持ちの中堅・中小規模のお客様も多いと思います。このセッションではSAPのクラウドERPをビジネスの成長に上手に利用している事例を紹介することで、こういった疑問にお答えします。

DBT-05

「発信しない」 デジタルマーケティングに向けて

SAPジャパン株式会社 SAP Hybris Presales平部 優樹

ソーシャルメディアの定着とビッグデータを処理するコンピューティングの強化が、マーケティングのデジタル化を進めています。
氾濫するデジタルマーケティングを「顧客とつながる」の視点で捉え直し、顧客を知る・提案する・つながる、ための活動を整理するアプローチをERPのDNAを持つSAPが最新の事例を交えてご紹介します。

DBT-06

儲かるサプライチェーン構築に向けた統制システムの在り方とは

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 福田 勝美

「儲かるサプライチェーン」を実現するためには、業務機能を横断統制し、需要と供給を在庫だけで調整するだけでは不十分です。年次目標を金額面からも都度可視化し、合意・調整サイクルを確実に回すことで目標達成が見えてきます。SAPがご提供するS&OPソリューションをご紹介します。

DBT-07

業務データ+αのスピードある可視化と分析から次の打ち手を。

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニアソリューションスペシャリスト栃本 成尚

タイムリーな情報の集約はこれまでも大きな挑戦事項でした。進化したIT技術は、この実現に向けて新しいアプローチを可能にしました。単なる情報の集計だけでなく、業務改善や経営管理への活用ケースを基にSAPの最新ソリューションをご紹介します。

DBT-08

SAPを利用した物流効率化の進化形 コネクテッド・ロジスティクス

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 S/4HANAソリューション部 シニアソリューションスペシャリスト柳瀬 雄一

物流効率化の取り組みは今や各企業の中に閉じたものではなく、企業間の物流ネットワーク全体の可視性向上やIoT、ビッグデータを活用したボトルネックの解消など新たな段階に進んでいます。デジタル化時代のリアルタイム・ロジスティクスを支援するSAPのソリューションをご紹介します。

14:40 -
15:10
SPN-02
スポンサー セッション

SAP HANAのメリットをいち早く活用するひとつのアプローチ
(デジタル・ダッシュボードから始める SAP HANA)

アビームコンサルティング株式会社 執行役員 プリンシパル グローバル情報システム・リーダー 兼 グローバル開発センター マネジメント・ダイレクター高橋 誠司氏

既にECC 6.0ベースで基幹システムを構築されているお客様は、SAP HANAを中心としてSAPの新しいソリューションにどう取り組んでいくかお悩みのことかと思います。
アビームコンサルティングも自らSAP ECC 6.0を使用していますが、SAPの新しいソリューションのメリットをいち早く最大限に活用するため、SAP HANA DBとSAPのクラウドサービスを活用して新しいマネジメント・ダッシュボードを導入し、マネジメント層に効果を体感してもらうことから始めています。この活用事例をご紹介するなかで、アビームコンサルティングの自らの体験にもとづいたSAP HANAを活用するアプローチについてご説明致します。

NNT-05

~プロジェクト成功の秘訣の全貌~
後悔しないためのパートナー選びと、考慮すべきポイントのすべて

SAPジャパン株式会社 エンタープライズ・ビジネス営業本部・本部長小松 新太郎

かつて失敗事例が多かったERP導入プロジェクト。近年では非常に少なくなってきました。成功要因を事例から紐解きます。また導入パートナー選定の重要性と何を基準に選ぶべきかをご紹介いたします。

NNT-06満席

『「研究の早稲田」、「大学経営改革」実現への取り組み』

学校法人早稲田大学 情報企画部 マネージャ神馬 豊彦氏

早稲田大学様では、業務改革を伴うシステム導入により中長期計画である「Waseda Vision 150」で謳われている「研究の早稲田」および「財務体質の強化」の実現を目標として、2014年度から研究支援システム、財務システムの構築プロジェクトを開始されました。
研究支援システムでは、研究費の申請から契約の管理、受け入れ研究費の一元管理により、教員個々の高度で独創的な研究を支援すること、財務システムでは、各事業のコストを明確にするとともに、成果を評価することで事業のスクラップアンドビルドや重点投資を可能とすることをめざし、プロジェクトを進行中です。
本講演では、本プロジェクトにおいてSAPの次世代ERP SAP S/4HANAを中心に据えつつ、ワークフローや文書管理パッケージ、スクラッチ開発を交えて進めている取り組みについてご紹介頂きます。

SPN-09
スポンサー セッション

加速するビジネス変化を支える次世代システムとは

株式会社岡村製作所 情報システム部 システム第一企画担当 次長池田 秀明氏
TIS株式会社

株式会社岡村製作所様は「競争力の向上」「国内事業基盤の強化」「グローバル化による市場拡大」を成長戦略と掲げ、「販売力の更なる質・量の強化」を目的とした改革プロジェクトを発足し、「改革テーマの実現」「脱ホストの推進」に向け、新基幹システムを2016年1月にリリースしました。今回は、岡村製作所様のプロジェクトリーダにご登壇頂き、なぜSAPを選択したのか、加速するビジネスを支えるためのシステムアーキテクチャへのこだわり、導入時のエピソードや今後の展望を交えてご講演頂きます。

SPN-18
スポンサー セッション

SAP S/4HANA及びSAP HANA Cloud Platformにおけるクニエのサービス・事例のご紹介

株式会社 クニエ(NTT DATA Group)シニアマネージャー荻野 泉氏

SAP S/4HANA及びSAP HANA Cloud Platformにおけるクニエの取組と、提供するアセスメントサービス・導入サービス・テンプレート及びそれらサービスにおける先進事例を紹介いたします。

SPN-19
スポンサー セッション

BtoBにおけるオムニチャネルマーケティング例

株式会社日立システムズ 産業流通情報サービス第一事業部 第二システム本部 第一システム部石橋 政一郎氏

BtoCを中心に注目されているオムニチャネルですが、BtoBにおいても検討する企業様が増えてきています。かつてBtoBにおける顧客行動の情報源やコンタクト先は営業員でした。しかし現在はWebやメール、コンタクトセンタなど多様化が進んでいます。これらチャネルにおける情報を統合し、適切かつ効率的なマーケティング活動が注目されています。このセッションでは実際にご検討頂いた企業様の例などを基に、BtoBにおけるオムニチャネルマーケティングの活用方法についてご紹介します。

SPN-20
スポンサー セッション

「手軽に使える機械学習」による業務イノベーションの実現

富士通株式会社 統合商品戦略本部 ビジネスアプリケーション推進統括部 アナリティクスソリューション推進部 マネージャー堀江 将氏

より複雑かつ多様化する需要への早期対応やスピードアップが求められるビジネス現場では、従来からの"改善型"アプローチでは効果が頭打ちになりつつあります。社内外のビッグデータを利用しやすくなってきた今、これらをどうビジネスに活用するか、そのために「アナリティクス」が不可欠です。
しかし、それ自体は目的ではありません。ここでは、"革新型"アプローチとして「手軽に使える機械学習」をどのように業務へ組み込み、イノベーションにつなげつつあるか、製造業SCM/PLM軸の様々な利活用シーンにおける導入/PoC事例をご紹介します。

SPN-21
スポンサー セッション

真のグローバルカンパニーを目指して~SAP経営・連結ソフトウェア活用事例ご紹介

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 ソリューション事業本部経営管理ソリューション本部経営管理ソリューション2部 シニアコンサルタント渡邊 学氏

企業のグローバル化が加速する中で真のグローバルカンパニーになるには、高度化する意思決定を支援する経営管理基盤が必要不可欠です。SAP BPCは、予算・予測作成と連結機能を単一ソリューションで提供する、グローバルレベルでの経営管理に最適なソリューションです。
本講演では、SAP BPCを基盤としたB-EN-Gのグローバル経営管理テンプレート『B-EN-Ggpm』を活用し、制度・管理連結をワンストップのシステムで実現される機械メーカー様の導入中の最新事例と、SAP BPCの効果的な活用方法をご紹介いたします。

15:30 -
16:00
SPN-03
スポンサー セッション

SAP HANAへの期待と日立の取組み
~エンタープライズにおける経営データ統合基盤はどうあるべきか~

株式会社 日立製作所
産業・流通ビジネスユニット エンタープライズソリューション事業部 SAPビジネスソリューション部 部長井上 和也氏

ビジネスモデル、ガバナンスリスク等、企業を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。変化のスピード・規模にキャッチアップしつつビジネスをドライブし続けるには、個々の人や組織の判断だけでは限界があり、「現実」を多面的、横断的に分析し、対策を打つためのデータ統合基盤を構築し、ビジネスのスピード、精度を上げることが不可欠です。
本セッションでは、日立製作所が手掛けたプロジェクトから導き出したSAP HANAを活用した経営データ統合基盤構築ノウハウと「データドリブンマネジメント」の勘所をご紹介します。

SPN-10
スポンサー セッション

お客様が語る「今や当たり前、だけど挑戦」~成長企業のERP導入事例

河北ライティングソリューションズ株式会社 代表取締役社長今野 康正氏
株式会社アイ・ピー・エス 代表取締役社長 渡邉 寛氏

今野社長は付加価値の高い医療、産業用特殊光源の開発、製造、販売の会社(河北ライティングソリューションズ(株)年商26億円、社員数110名)を営んでおられます。
そしてこの度SAP ERPの導入にチャレンジされました。昨今のITトレンドといえばIoTやIndustrie 4.0をはじめとした先端技術が花盛りです。ERP導入のすそ野は確実に広がっており、今までSAPを検討しておられなった企業にもどんどん導入されています。まさにERPが当たり前の状況です。しかし、導入する企業にとっては大きな挑戦であることに変わりありません。今もそのような大きな決断を迫られている企業様がいらっしゃることでしょう。そんな皆様に、今となっては聞く機会が貴重となったERP導入のお話を、実際に決断されたお客様からダイレクトにお話しいただきます。飛躍したい企業、変わりたい企業、挑戦したい企業の皆様、ぜひお集まりください。

SPN-11
スポンサー セッション

現場と経営を「視抜く!」ためのデジタル化~製造業におけるIoT活用モデルと事例~

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 産業第一事業部 製造第一部 第三課須間 裕一氏

「第四次産業革命」・「デジタルトランスフォーメーション」等ビジネス変革に向けたキーワードが注目される中、製造業ではより実践的なIoT活用による生産性の改善、利益への貢献が求められています。
経営と現場を取り巻く多様で膨大なデータを効率的に収集した上で、経営・管理・現場の各層がいかに活用するか。
ERPと製造現場の統合とIoT活用モデルについて事例を交えてご紹介いたします。

NNT-07満席

グローバルIoT最新事例 ――「デジタル」って、要するに、何なの?

SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 IoT/IR4 ディレクター村田 聡一郎

IoT、インダストリー4.0、デジタル・ビジネス、第4次産業革命、といったトピックが賑やかですが、「で、要するに、ウチは、どう対応すべきなのか?」と考えておられる方も多いのではないでしょうか。当セッションでは最新IoT事例を題材に、大手・中堅企業がとるべき「向う15年の事業戦略の勘所」についてご説明いたします。

DBT-09

ビジネスモデルとしての 「オムニチャネル」を振り返る

SAPジャパン株式会社 SAP Hybris Presales平部 優樹

第一世代のコマースが実現したクロスチャネルの次の概念として、オムニチャネルが浸透しています。
ともすると単なる購買接点の多様化と理解されてしまうオムニチャネルを、ビジネスそのものとして捉え直し、顧客にとって意義のあるサービスを届けるためのアプローチを、最新の事例を交えてご紹介します。

DBT-10

採用された企業に聞く。「なぜ今、デジタルコアなのか」

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 マネージャ 柴野 弘子

いち早く、デジタルコア(SAP S/4HANA Enterprise Management)を採用されたお客様はデジタルコアに何を期待し、何を実現しようとして決断されたのか。
これからの貴社のビジネスを支えること間違いなし!のデジタルコアの役割を、事例を交えてご紹介いたします。

DBT-11

UXについて本当に知っていますか?SAPの考えるUXとイノベーション

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部濱田 祥利

SAPはUIという言葉ではなくUXという言葉を使います。しかしUXという言葉はよく誤解され、またよく過小評価される言葉でもあります。UXとは何か、なぜ今UXなのか、UXとイノベーションの関係、そしてそれを実現するには何が必要なのかについて、事例と共にご紹介します。

DBT-12

利益体質へと導く世界標準の出張・経費管理ベストプラクティス

株式会社コンカー 事業開発部岸本 雄介

グローバル市場の競争環境が激化する中、日本企業の多くが利益体質への転換、経費支出に関するガバナンスの強化、従業員の生産性向上といった課題を抱えており、間接費の大きな要素である出張・経費管理に関心を示しています。そこで理想的な出張・経費管理を実現するための解決策を、企業事例を交えながらご提案します。

16:20 -
16:50
DTT-02

あらゆる企業にデジタル変革の可能性がある
~多様なデジタル変革事例が明示する法則とは~

SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 シニアディレクター大我 猛

テクノロジーの進化により、現実世界が膨大なデータとなってデジタルの世界に再現されています。
こうしたデジタル世界の活用が、従来の業界の常識を大きく変えています。
本セッションでは、国内外のデジタル変革事例を体系化して整理することで、デジタル変革の法則をひも解き、すべての企業がデジタル変革を現実のものとするための方法論をお伝えしてまいります。

NNT-08

企業のビジネスを飛躍させるDigital Transformationは、何故求められるか?

SAPジャパン株式会社 エンタープライズ・ビジネス営業本部第一営業部・部長平石 和丸

消費者ニーズの個別化、高度化が進んでいます。旧来のビジネスモデルを見直し、新たなビジネスモデルの構築の必要性に迫られて企業様の声が多く寄せられております。
本セミナーでは、この変化をチャンスと捉え、新たなビジネスモデル構築に取り組んでいる企業様の例をご紹介致します。

SPN-12
スポンサー セッション

HPEグローバル情報基盤としてのSAP HANA活用事例

日本ヒューレット・パッカード株式会社 SAPコンピテンスセンターセンター長江原 孝大氏

ヒューレット・パッカードでは、2011年より全社的にSAP HANAを採用し、社内業務の基幹となるSAPシステムの30TBを超えるDBをSAP HANAに移行する”Project Kraken”を始め、10以上のプロジェクトを実行してきました。本セッションでは、これまでのHPE社内におけるSAP HANAの活用事例、2015年11月に完了した「Hewlett Packard EnterpriseとHP Inc.への分社」という大規模なプロジェクトでSAP HANAが果たした役割、さらには今後のSAP S/4HANAへの移行計画とその目的をご説明するとともに、弊社お客様の大規模なSAP HANA採用事例も併せてご紹介いたします。

SPN-13
スポンサー セッション

事例から見るデジタル経営推進のための SAP S/4HANA 活用の勘どころ

株式会社JSOL (NTT DATA Group) 製造ビジネス事業部 エンタープライズマネジメント第一グループ グループマネジャー宮下 雄介氏

企業は社内外の急激な環境変化に対応すべくICTを積極的に採用するデジタル経営を進めています。一方ICTも急速に進化し、経営のシンプル化が可能となりました。
本セッションでは国内で先駆けてSAP S/4HANA Enterprise Managementを全面適用されているお客様事例を基に、企業がデジタル経営で享受するメリットと有効活用するためのポイントをお伝えします。
またSAP S/4HANA Enterprise Managementで蓄積されたデータを有効活用するSAP HANA Cloud Platform、Predictive Analyticsの取り組みについても事例をベースにご紹介します。

DBT-13

デジタルエコノミー時代の販売変革を支えるSAP Hybrisの取り組み

SAPジャパン株式会社 ソリューションエンジニア神田 正広

あらゆるモノや人がつながるデジタルエコノミー時代では、商品やサービスは「所有」から「共有」へとシフトしつつあります。
ビジネスの優位性維持には、新しい料金体系や販売チャネル拡充に、柔軟に迅速に対応しなければなりません。
このようなビジネス状況を支えるSAP Hybrisソリューションを、最新の事例とともにご紹介します。

DBT-14

人事が牽引するイノベーション:グローバル人事による変革

SAPジャパン株式会社 人事・人財ソリューション部 藤田 園子

グローバル競争が激化する中で、人事部自らが変革者となり、企業を変えることが求められています。SAP SuccessFactorsは、グローバル人事情報をクイックに集約し、変化に即応できるシンプルで効率的なビジネスプロセスの導入を実現します。また情報に基づく分析と予測のもとに、経営に貢献する人事を実現しているお客様事例をご紹介します。

DBT-15

ビッグデータ活用の最前線
~機械学習の適用範囲と活用事例~

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニアソリューションスペシャリスト大岩 良一

大量データを活用した先見力強化の取組は、試験的利用のフェーズから本格的な効果創出を狙った活用が進んでおります。SAP Predictive Analyticsによる機械学習ソリューションでは、一過性の取組で終えることない継続的な運用を支援します。本セッションでは事例を交え活用方法をご紹介します。

DBT-16

SAP HANA Cloud Platformにより実現する「O-MO-TE-NA-SHI」プラットフォーム

ジャパンSAPユーザーグループ "O-MO-TE-NA-SHI" Project
川崎重工業株式会社 企画本部 情報企画部・基幹職三島 裕太郎氏

JSUGでは、ユーザーグループ発の取り組みとして、有志メンバーとSAPジャパンが一体となり「ICT活用による社会貢献」をテーマにした活動を開始しました。東京オリンピックに向けて増え続ける訪日外国人観光客に対し、スマートフォンを活用した、「人と人とをつなげる」"おもてなし"のSolutionの実現を目指しております。SAP HANA Cloud Platformを活用した「O-MO-TE-NA-SHI」の実現をご紹介します。

17:10 -
18:20
FKN-03

イノベーションを生む会社の経営戦略

パネリスト:
株式会社スノーピーク
代表取締役社長
山井 太氏

パネリスト:
元株式会社サンリオ 常務取締役
鳩山 玲人氏

モデレーター:
SAPジャパン株式会社
チーフ・イノベーション・オフィサー
馬場 渉

デジタル化の競争は既に始まっています。デジタル化で新たな顧客価値を創造する企業は必ずしも既存の市場リーダーとは限りません。この競争はカスタマーニーズを的確に把握した企業が制すると言われています。そこで、SAP Forumの締めくくりとなる本セッションでは、イノベーションを実践してこられた企業経営者の皆様をお招きし、経営戦略におけるイノベーションの位置付けや取り組みについて議論してまいります。

18:40 -
19:30
SFHH

SAP Forum Happy Hour!

SAP Tech JAM  7月29日(金)

11:50 -
12:30
SPN-22
ランチ セッション
スポンサー セッション

SAP HANA プラットフォーム最新技術動向

シスコシステムズ合同会社様 Japan Partner SE TECHNICAL SOLUTIONS ARCHITECT赤坂 知氏

デジタル時代に必要とされるSAP HANAと世界市場で圧倒的なシェアを誇るCisco UCSサーバを活用した最新技術動向をご案内します。
アジェンダ
- “Predictive Analytics on Cisco HANA” Co-Innovation Lab Tokyoの最新PoC
- SAP HANA Voraを活用したBIとBigDataの融合を具現化するSAP HANA DBとApache Hadoop/Sparkの効果
- SAP HANA DB High Availabilityの構築ノウハウ
- 仮想化SAP HANA on vSphere6のサポートとその他の最新認定情報

SPN-23
ランチ セッション
スポンサー セッション

SAP HANA、SAP S/4HANAの次世代IT基盤のベストプラクテスとは。
最新プロジェクト・検証から見るSAP HANAのインフラ基盤と運用監視の構築課題とノウハウ。

モデレーター デル株式会社 エンタープライズソリューションズ事業本部 エンタープライズソリューションズ&アライアンス部 エンタープライズテクノロジスト菅谷 篤志氏
パネリスト
株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ アウトソーシング事業部ソリューション統括部長千葉 重人氏
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 産業・サービス事業本部産業第一事業部サーティファイドプロフェッショナル百本 征弘氏
リアルテックジャパン株式会社 SAPコンピテンスセンター テクニカルコンサルタント西野 正晃氏
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 技術革新統括本部 企画部 課長代理澤井 健氏
株式会社 クニエ

「SAP HANA」, 「SAP S/4HANA」をお客様がビジネスシーンで最適な環境でご活用いただくために必要なSAP HANAソリューションの最新情報や技術情報などデルが中心になってご提供、運営するテクニカルコミュニティを約30社のSAPパートナー様やSAP社などISV様のご賛同をいただきスタートしました。
この分野においてSAPベーシスで豊富な実績のあるパートナー様との共同検証やサービス開発による技術の向上、共有を通し、お客様にご安心してお使いいただけるソリューション、インフラのご提供を行います。
今回講演では、SAP HANAインフラ基盤構築の経験豊富なSAPパートナーとデルがパネルディスカッションでSAP HANA基盤や運用監視における最適なベスト・プラクティスや構築の勘所などを披露します。
 
a) 現在、標準的なSAP HANAアプライアンスによる物理サーバでの3ラウンドスケープ構成が標準的なインフラ基盤となっています。
様々な共同検証や実稼動案件での豊富な経験を活かし、現状ベストプラクティスを考えたとき、信頼性や拡張性などどのような問題点や考慮すべき課題が潜んでいるか現状と課題、構築検討の勘所を明らかにし、仮想化技術やハイパーコンバージドインフラなど活用したNextベストプラクティスを探って行きたいと考えております。
b)SAP HANA および OSの運用監視の現状と考慮点、監視ツールのご紹介
 
また、SAP HANA & Dynamic Tieringの最新検証からみるデルとSAPの新しいDWH/データマートとデータライフサイクル管理ソリューションの検証内容をふまえ、デルの展示ブース、デモシアターで紹介致します。また展示ブースでは検証内容の紹介やSAP HANAとセルフBIをもちいた体感デモなどを予定しております。

SPN-24
逐次通訳
ランチ セッション
スポンサー セッション

SAP HANAを最大限に生かす構築、運用、拡張ノウハウの全貌。

ノベル株式会社 エバンジェリスト村川 了氏
ノベル株式会社 ソフトウェア・エンジニア、クラウド&システムマネージメントボーガン・マリニウク氏

SUSEは、SAP HANAのOSとして世界で99%のシェアを誇ります。なぜここまでお客様にSUSEが支持されているのかを本セッションでご理解いただけます。
SUSEは、SAP HANAにおいて機能面での差別化はもちろん可用性、拡張性、信頼性また構築のしやすさの観点でも圧倒的な優位性をもっております。
また、運用面においても効率的に管理するためのソリューションも持ち合わせており、セキュアな運用管理及び容易なカーネルアップーデートも可能です。本セッションでは、その全貌をすべてお伝えいたします。

12:50 -
13:40
TEC-01

SAP HANAパフォーマンス解析手法

SAPジャパン株式会社 デジタルビジネスサービス事業本部 CoE インテグレーション & プラットフォーム Analytics シニアコンサルタント 佐野 毅

SAP HANA機能を利用したデータベース処理の見える化、高負荷処理の特定、および処理の単体性能を最適化するための手法を紹介します。

TEC-02

SAP HANA for ビギナーズ
いまさら聞けないインメモリデータベース “SAP HANA” 入門

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 プリンシパルデータベーススペシャリスト荒木 正信

SAP HANA の誕生の歴史から最新技術までをご紹介。
メモリを有効利用するための圧縮技術をもう少し詳しく覗いてみましょう。
SAP HANAは、単なるRDBMS の置き換えだけではなく、Entrtprise PlatFormであり、様々な機能が提供されています。

TEC-03

クラウドでの開発・運用プラットフォーム
SAP HANA Cloud Platformの全貌

SAPジャパン株式会社 SAP HANA Cloud Platform Regonal COE, Japan ソリューション プリンシパル 門谷 国彦

IaaS, PaaS, SaaS の基礎から、クラウド利用形態のタイプ、ユーザ事例など、デモを交えて紹介します。

HON-03
ハンズオン セッション (13:40 終了)

体験!SAP HANA Cloud Platformでの開発 ノンプログラミングでアプリを開発しよう!

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部・ソリューション・スペシャリスト川畑 宗仁

HTML5 + OData を使ってクラウド上でアプリを開発します。
1つのコードでモバイル、タブレット、デスクトップの違うサイズで動くレスポンシブル・アプリを体験します。
使用コンポーネント:HCP, SAP Web IDE, SAPUI5, Odata

TEC-04満席

先進テクノロジーで進化し続ける最新SAP BusinessObjects BI Solutions 4.2

SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニアソリューションスペシャリスト長家 正幸

SAP BusinessObjectsは3月に最新の4.2をリリースしました。本セッションではHANAとのネイティブ接続実現をはじめとするさまざまな機能拡張とともに、アップグレードに関する技術情報をご説明します。

TEC-05

SAP S/4HANAへのシステムコンバージョン概要

SAPジャパン株式会社 デジタルビジネスサービス事業本部 CoE インテグレーション & プラットフォーム Platform & EDWコンサルタント大釜 新

既存SAP ERPをSAP S/4HANAへシステムコンバージョンするにあたり、どのような理解と準備が必要か、最新のグローバルのアプローチに則ってご紹介します。

HON-01
ハンズオン セッション (14:45 終了)

プロトタイピングツールSAP BUILD 体験ハンズオン

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 ビジネスアーキテクト濱田 祥利久
SAPジャパン株式会社 Strategic Program Office Customer Innovation Principal重光 翔吾

なぜ、今、デザインシンキングが必要とされているのか。そしてデザインシンキングの文脈で、SAPがプロトタイプツールとして開発したBUILDとは何かについて理解を深めて頂けるよう、ご紹介します。

HON-02満席
ハンズオン セッション (14:45 終了)

Fast track to SAP HANA
~初めてのインメモリーDB!SQL Scriptを書いてみよう!テーブル作成からプロシージャまで。

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 プリンシパルデータベースアーキテクト花木 敏久

SAP HANAの入門編としてクライアントツールの作り方、インメモリーテーブルの仕組み、Information viewの作り方と活用についてご紹介します。

HON-04満席
逐次通訳
ハンズオン セッション (14:45 終了)

クリックだけで予測モデルを作る機械学習ツールのいろは
~SAP BusinessObjects Predictive Analytics~

SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニアソリューションスペシャリスト大岩 良一
SAP Asia Pte Ltd GLOBAL PREDICTIVE CENTER OF EXCELLENCEリタ・アブデラティフィ

マーケティングプラットフォームの最適化には必須要件となる「レコメンデーションの最適化」や「ソーシャル情報の分析を容易にするSAP Predictive Analyticsの先進的な機能」を、ハンズオンにて実習していただきます。
実装後、運用において重要となる、分析モデルの陳腐化を防ぐModel Managerの実装方法も、あわせてご紹介します。

13:55 -
14:45
TEC-06

最新! SPS12とSAP HANAロードマップ

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 Database&Technology Center of Excellence安池 俊博

SAP HANA最新バージョンSPS12の概要から将来のロードマップについて、ご紹介します。

TEC-07

そうか、ここが違うのか! SAP HANA と他社データーベース

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 シニアディレクター椛田 后一

SAP HANA と他社データーベースとの違いを技術的な観点から解説いたします。

TEC-08

こんなサービスも!
デモで見る、SAP HANA Cloud Platformサービス群

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 ソリューション・スペシャリスト山澤 雅史

SAPが提供するPaaSであるSAP HANA Cloud Platformでは、開発、実行、運用をサポートする様々なサービスを提供しています。 各種サービスを有効に活用することで、クラウドの利点である迅速さや柔軟性をより享受することが可能です。主なサービスについてデモを交えて紹介します。

TEC-09
同時通訳

最新のダッシュボードツールのご紹介
SAP BusinessObjects Design Studioの全貌

SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 ストラテジックプログラムオフィス プロダクトエキスパートボビー・ボロメオ

最新のダッシュボード開発ツールであるDesign Studioを紹介します。本セッションでもう一つのダッシュボード開発ツールであるXceslius/Dashboardsとの違い、開発に関するtipsなどを解説していきます。

TEC-10

SAP S/4HANA導入プロジェクトの勘所

SAPジャパン株式会社 デジタルビジネスサービス事業本部 CoE Build マネージャー 野上田 亮

SAP S/4HANAではSAP HANAを生かした高速処理やSAP FioriによるUXの一新等、様々な機能の変更や追加が行われています。本セッションではSAP S/4HANAを新規導入する際の勘所をご説明します。
また、SAP S/4HANA向けに開発された導入方法論であるSAP Activateもご紹介いたします。

15:05 -
15:55
TEC-11

実践 SAP HANA 大解剖

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニア・ソリューション・スペシャリスト新久保 浩二

新しい技術の塊であるSAP HANAがどのようなデータベースなのか、技術的な詳細を確認いただくと共に、内部動作を見ていきます。
- 幾つかの特徴的なケースを使って障害やチューニングといった事例を紹介
- それらの事例からSAP HANAのプリミティブな動作を理解する
など、SAP HANAの動作を理解する上でのヒントとなる情報をお届けします。

TEC-12
同時通訳

最新Sybaseアップデート!
これからのSAP Adaptive Server Enterprise(ASE)とSAP IQ

SAP America Inc Product Marketing, D&T Data ManagementSenior Directorアミット・サトゥール
SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニア・ソリューション・スペシャリスト高木 伸滋

SAP ASEは、SAP HANA Data Management ポートフォリオにおける、Extreme Transaction を行うディスクベースのRDBMSです。本セッションでは、SAP ASEを中心としたSybase製品のポジションとロードマップをご紹介すると共に、多量のトランザクションデータを活用する分散処理基盤として昨年ポートフォリオに加えたSAP HANA Voraについてもご紹介します。

TEC-13

デモで紹介! ビジネスプロセスを繋げる SAP HANA Cloud Integration (HCI)

SAPジャパン株式会社 SAP Technology RIG プロダクトエキスパート 雲内 健一

クラウド-クラウド連携、クラウド-社内連携など、SAP HANA Cloud Integration によってビジネスプロセスを繋げます。
SuccessFactors, Ariba, Concur, などの SaaS アプリとの連携や他クラウドサービス、社内システムとの連携ができます。
フローモデリング、データマッピング、モニタリングなどデモを交えて紹介します。

HON-07満席
ハンズオン セッション (15:55 終了)

体験!SAP HANA Cloud Platformでの管理
アプリをクラウドで運用しよう!

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部・ソリューション・スペシャリスト川畑 宗仁

クラウド管理者としてのタスクを体験します。
ユーザ、ロール管理、Cloud Portal でのアプリ管理、アプリ利用モニタなど設定します。
使用コンポーネント:HCP, Cloud Cockpit, Cloud Portal, SAP Web Analytics

TEC-14
同時通訳

機械学習だけじゃない!
進化を遂げる
最新のSAP BusinessObjects Predictive Analytics

SAP Asia Pte Ltd GLOBAL PREDICTIVE CENTER OF EXCELLENCEリタ・アブデラティフィ

さまざまなビッグデータの活用を高度化する機械学習を用いた予見分析ソリューションの概要をご紹介します。
予見分析には興味があるもののなかなか足を踏み入れられなかったPredictive Beginnerのみなさまにオススメのセッションです。

TEC-15

SAP S/4HANA Analytics
~SAP S/4HANAで変わるレポーティング・分析~

SAPジャパン株式会社 デジタルビジネスサービス事業本部 CoE インテグレーション & プラットフォーム Analytics コンサルタント 新井 将晃

SAP S/4HANAではFioriに組み込まれたレポート/分析機能(Embedded Analytics)とCDS Viewを介したBIツールによる直接分析が可能となり、ERPデータのレポーティング・分析のあり方が変わってきます。本セッションではS/4HANA Analyticsを最大限、活用する方法をご紹介します。

HON-05満席
ハンズオン セッション (17:00 終了)

SAP HANAテクニカルアカデミー
Tech JAMスペシャルエディション

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニア・ソリューション・スペシャリスト 矢川 文久

SAP HANAの革新的技術が基幹システム/情報系システムのデジタルビジネス変革を加速させ続けています。
さらにSAP Analyticsの新たなソリューションであるSAP BusinesObjects Lumiraが、高度なビジネス分析をビジネスユーザが容易に使える環境を提供しています。
是非この機会に実機を触りながらSAP HANAとSAP BusinessObjects Lumiraの技術革新性をお確かめください。

HON-06
ハンズオン セッション (17:00 終了)

SAP HANA の特徴的な機能を、サンプル SQL を使って簡単に体験してみよう

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 プリンシパルデータベーススペシャリスト荒木 正信

準備中

HON-08
ハンズオン セッション (17:00 終了)

SAP HANAにネイティブ接続可能なダッシュボード開発ツールのいろは
~SAP BusinessObjects Design Studio~

SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 ストラテジックプログラムオフィス プロダクトエキスパートボビー・ボロメオ

SAP BusinessObjects Design Studioを使ったダッシュボード開発を体験していただきます。SAP HANAオンライン接続、地図連携などの要素を含む、対話性の高いダッシュボードの作成を実習していきます。

16:10 -
17:00
TEC-16満席

SAP HANA運用管理の基礎知識

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 プリンシパルデータベースアーキテクト花木 敏久

SAP HANAは、インメモリーDBであるが故に他製品とは異なる部分があります。このセッションでは、運用上のポイントとなるプロセスとファイルの構成、永続化、バックアップ、システムレプリケーションについて解説します。
尚、このセッションは、今年上半期に実施のSAPパートナーEnablement Program2016 SAP HANA運用管理の基礎知識 (1),(2)のダイジェストです。

TEC-17

脱Oracle! SMEのデータベースを担うSAP SQL Anywhereの魅力とは

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニア・ソリューション・スペシャリスト境 直人

OracleがSE1を終了させた今だから…、SQL ServerがWorkgroup Edition市場から撤退した今だからこそ…、世界で1200万の利用実績があるSAP SQL Anywhereが注目されています。
高度な自動管理・自動チューニング機能で運用コストを大幅に削減し、先進のセンサーデータ処理技術(IoT Ready)となるSAP SQL Anywhereを豊富なツール群とともにご紹介します。

TEC-18

クラウドと社内システムのインテグレーション・アーキテクチャー解説

SAPジャパン株式会社 SAP Technology RIG プロダクトエキスパート 関原 正之

ビジネスデータは社内で管理し、UI は拡張してクラウドで運用するアーキテクチャーを SAP Fiori, cloud edition のデモを通して解説します。
SAP HANA Cloud Connectorの設定、 SAP HANA Cloud Cockpit側の設定、ランタイムデータフロー詳細を紹介します。

TEC-19満席

SAP BusinessObjects Cloud 実装テクニック指南
~データ接続から分析、ストーリー作成まで~

SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部 デジタル・ビジネス・プラットフォーム部 シニアソリューションスペシャリスト栃本 成尚

SAP BusinessObjects Cloudの実装に関わる様々な機能をご紹介します。システム管理/認証設定、SAP HANAオンライン接続およびその他のDBへの接続などの実装テクニックから、SAP BusinessObjects Digital Boardroomの作成手法まで、幅広くご説明します。

HON-09
ハンズオン セッション (18:20 終了)

レッツトライ! ERPsim

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 Database&Technology Center of Excellence 安池 俊博

SAP S/4HANAを実際に操作して体験いただけるハンズオンセッションです。新しくなったSAP S/4HANAのユーザーインタフェースやレポートを使ってビジネスプロセスを実行し、利益を競争するシミュレーションゲームです。グループで力を合わせ最高の利益を生み出してください!SAP S/4HANAの入力画面やレポートの使い方は丁寧にご説明しますので会社経営が初めての方でも大丈夫です。リアルタイム経営を体験する絶好の機会に是非お越しください。

17:20 -
18:20
TKN-01

SORACOMとSAP HANA Cloud Platformで実現する
”世界中のヒトとモノをつなぎ、共鳴する社会” とは

パネリスト:株式会社ソラコム 代表取締役社長玉川 憲氏
パネリスト:株式会社レキサス 執行役員 プロダクト企画開発部 マネージャー大西 敬吾氏
パネリスト:SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部 エバンジェリスト松舘 学
モデレーター:SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部ネクストイノベーションディベロップメント シニアマネージャー吉越 輝信

株式会社ソラコム、株式会社レキサス、SAPジャパン株式会社は、IoTプラットフォームSORACOMとSAP HANA Cloud Platformを組み合わせ、新しいスポーツ観戦体験ソリューションを開発しました。
この新たなソリューションは、スポーツ観戦において新たな体験をもたらすだけでなく、日々の生活やビジネスシーンにおいて、さまざまに活用/転用できるポテンシャルを秘めています。
本セッションでは、パネリストにソラコム代表取締役社長玉川氏とレキサス執行役員大西氏をお迎えし、SORACOMとSAPで実現するイノベーションの可能性について熱く提言していただきます。

18:40 -
19:30
STJHH

SAP Tech JAM Happy Hour!

SAP HR Connect  7月28日(木)

13:00 -
18:00
HRC-01

SAP HR Connect

SAP SuccessFactorsを中心とした人事ソリューションを、国内外の事例紹介を中心に、主に人事部門、経営企画部門、ならびに国際部門の方々に向けてご紹介するイベントです。

SAP Ariba Commerce Innovation Forum  7月28日(木)

12:30 -
18:00
ARB-01満席

SAP Ariba Commerce Innovation Forum

SAPのBusiness Networksを構成する調達・購買ソリューションAribaを中心に、主に購買・調達部門、経理・財務、経営企画部門の方々に向けてご紹介するイベントです。サプライヤーの方々にもご参加いただけます。



同じ時間に別のプログラムを選択されています。変更しますか?